G1ラボ - デジタルマーケティングを研究する為の備忘録

これからのデジタルマーケティングは技術と方法に加え、OfflineとOnline、HardwareとSoftware。6軸+αの時代を生きるデジタルマーケッター

AI

AIが手を出してきた行動の記憶力

自動精算という言葉がありこれ自体も凄いけど、AIが継続する行動を記憶して判断を出せるという事が凄いね。 www.sankei.com 一人の行動履歴を追っているのか、それとも商品棚の「あり、なし」という状態履歴を追っているのかわからないけど、同行してきた複…

「これからは!」の繰り返しのデジタルマーケティング業界

本年も宜しくお願い致します。 今年はもっと更新を頑張ります。 さて、年も明けて気分一新!という感じですが、気分一新とは自分の心の中から湧き出るものでありたいものです。しかし年が明けると、メルマガ、SNSなどで見る単語は「今年のトレンドはこれだ!…

ユニクロのICタグ実装。デジタルマーケティングへの期待は。

ユニクロが全商品ICタグ実装というニュースが日経新聞の速報で入って来たけど、インパクトはあるニュースであるのはまちがいないですよね。 www.nikkei.com ICタグといっても、色々なタグがあるのでどんなタグを使うのかまだわかりませんが、思い浮かぶのがR…

必要とされる場所に正しくARを使う。今後のARの未来は適材適所。

ARの開発チームのPLをしている立場から思うのは、ARって、結局のところAR単体ではビジネスとしては完成しないということ。この手のツールでは当たり前ではあるのですが、やはりARもまたワンオブゼム、何かの中の1つとして機能していくのだと思っています。 A…

DSPマーケットに5年後はあるのか。

webbu.jp 最近、色んなところでDSPセミナーが乱発されているような気がするのですが、これだけDSPツールが世の中にごまんと溢れ出ると機能の標準化が一気に進むんじゃないかなと思っています。機能の標準化が進めばサービスプロバイダの体力勝負になってきま…

データマイニング、バスケット解析 - 自分用メモ

Wikipediaより データマイニング - Wikipedia バスケット解析 - Wikipedia

VR+AR+ 自動翻訳の抱える未来

VRとAR、目に見える世界で自動翻訳機能を提供するというのは夢のある話ですね。 VR/ARを繋いだ空間で翻訳機能を使い、言語の壁なくコミュニケーションが取れる「Project Sonata」を発表 しかし、自動翻訳機能というのは長年研究されている領域ですが未だに完…

AIが旅行先を?

www.gizmodo.jp 例えば、多くの情報を読み込ませておいて自分のFacebookとコネクトさせ、これまでの写真を一気にスキャンして分析、結果として「あなたの好きそうな旅行場所はここ!」というのが発表され、それを見たユーザーは世界中にある自分が好きそうな…