G1ラボ - デジタルマーケティングを研究する為の備忘録

これからのデジタルマーケティングは技術と方法に加え、OfflineとOnline、HardwareとSoftware。6軸+αの時代を生きるデジタルマーケッター

理想は「スティール」。求めちゃいけないデジタルマーケティング。

デジタルマーケティングの会議において常に心がけていることがあります。それはマーケティングはユーザーに「求める」事をしてはいけないってことですね。求めたらその段階で「ステップ」が1つ増えますよ。例えばこう考えるとわかりやすいです。これはECサイトで酒を購入してもらいたい会社のケース。

<「求める」ケース>

1.ECサイトにアクセスしてもらいたい

2.アクセス後にユーザー登録をしてもらいたい

3.お酒を購入してもらいたい

 上記は、売り手の「精神的」なゴールが3つ存在しています。1つ目はECサイトへのアクセス、2つ目はメンバー登録、3つ目はお酒を購入してもらう。それぞれのゴールに対してそれぞれの予算を投じて頑張って1つ1つのゴールをクリアしていく必要があります。しかしこれはゴールではなく、実質は「壁」なんですよね。もっと言えば「関所」です。ユーザーにお酒を買ってもらうために、行動的にも精神的にも3つの壁であり関所をユーザーにクリアしてもらう必要があります。これは結構大変ですよ。

街中で呼び込みをしているお兄ちゃんになったつもりで考えてみます。

「すみません!ちょっとお時間いいですか!お酒のECサイトにアクセスしてもらいたいんですよー。もしアクセスしてくださったらノベルティあげますんで!」「あ、アクセスありがとうございました!あのー、もう1ついいですかね?もしよろしければユーザー登録して欲しいんですよ。もしユーザー登録をしてくださったら今ならゴールドメンバーになれるんです!お願いします!」「ユーザー登録あざーーーっす!もう1つ!もう1ついいですかね!?もし、今お酒を買ってくれるなら、20%のディスカウントクーポンを差し上げます!」

 ・・・どうですか。超面倒でしょ?

買ってもうまでに何回も「お願い」をしなければいけないわけですが、ユーザーにとってはこれは相当な負担です。3つの行動をユーザー自身にしてもらう必要がありますが、まあほとんどのケースでは「いや、結構です」とアクセスしてノベルティをもらって終わりでしょう。「求める」ということはそれだけ大変なことなのです。求めることは「心の奉仕」をユーザーに求めるわけですから、私たち自身が相当信頼されてなければ難しいことです。

 そういう観点も踏まえ、上述の「ECサイトでお酒を買ってもらいたい企業」のケースにおいては、私たちは議論のポイントを「お酒を買う」のみにゴールを設定します。アクセスをしてもらう事やメンバー登録をしてもらう事はただのステップの扱いにして、最重要課題とはしません。これ、一般的に言われていることでとても当たり前のことですが、本当に大事なことなのです。

私自身も時折そうなりかけることがあるのですが、「お酒を買う」だけにゴール特化させていても、いつのまにかメンバー登録を簡単に行うことなどに集中しすぎてゴールが複数生まれそうになってしまっているのです。

ゴールが複数になれば、議論もぼやけるし、それで方向性が出てしまったら予算もゴールの数だけ増えていきます。そして更に言えばそんなチームにおいては、複数あるゴールのうちの1つのゴールの中でも複数の小さなゴールが更に登場してきます。ゴールの無限増殖です。そうしていくうちに、予算も比例して増えていきますので、結局費用対効果がどんどん薄くなっていくわけですね。だから絶対にゴールは間違えてはいけないし、最初に決めたゴールからぶれではいけないのです。

 じゃあ、何が理想なのかと言えば、理想的なイメージとしてはこんな感じです。

「お酒を飲んで幸せな時間を過ごしたいから、ECサイトにやってくる。そんな時間を過ごしたいから買いたい。買いたいからメンバー登録のわずらわしさはあまり気にならない」

文字にして見ると、当たり前のことなのです。しかし意外とできていないことなのです。お酒を飲むというのは「お酒を飲む時間を過ごす」という事ですね。お酒を飲む事を目的とするか、お酒を飲んで素敵な時間を過ごす事を目的とするかでは似て非なる価値があり、心理的な部分でも大きな差がありますね。心理的にぐっとユーザーの心をつかむ事ができれば、メンバー登録というものは壁や関所の類ではなくなり、普通にプロセスを通過してくれるようになります。

f:id:digitalmarketers:20171015002241p:plain

ちなみに、このような話をしていると、「MAツールはどこのものを使えばいいですか」という質問を受けることもありますが、実際のところ私の言っているポイントは優れたMAツールを使っているかどうか・・・とは全く関係ありません。コンテンツが大切なので。

・・・というのも、昨今のMA系の各サービス会社の提案などをみていると、各工程のユーザーの動きの見える化を実現し、ABテストなどでユーザーにより近づく努力をし、ターゲットとなりそうなユーザーを顕在化させるるという動きがサービスの基本動作になっているのかなと感じます。しかし、どんなに優れたMAツールや集客ツールを使っても「買う気がない」ユーザーを「買う気」にさせることはできません。これらのツールは「買いたい/買ってもいいかな」と考えるユーザーをしっかりと連れてくる役割を果たすだけであり、「翻意させる」という部分には特段の強みを持っているわけではありません。またMAツール依存の問題点は、部分効率化をMAXにする代わりに、全体効率化を悪くしてしまうケースがあるという事です。本来は無視してもいいステップすら見える化して効率化を促してくるので、マーケティングの経験がない人が使うと部分効率化を追求しすぎて、本来のゴールから遠く離れてしまうのでそこも注意です。

 大切なことはサービス・商品・説明力の3つが一致団結して「ユーザーのハートを盗む」ことになります。Facebookの「いいね!」よりももっと深いところにある「憧れ」による「いいね!」ですね。アサヒスーパードライが登場した頃、サラリーマンがビールをごくごく飲んで「仕事上がりのビアガーデンの楽しい時間」をCMで見せていました。

「すぐに自分もそんな時間を過ごしたい!」とユーザーに思わせる事ができるかどうか。ユーザーの心を盗んで話さない「スティール」の基本を忘れてはいけないと会議の中でも気をつけて議論のオーガナイズを行なっています。

 

漫画にいやらしさがでたら逆効果。SEO対策としての漫画。

オンライン、オフライン問わず漫画はコンテンツとしては、興味を引きやすいコンテンツ であるのは間違いないですね。漫画があると、「ああ、しっかり作り込んでるな」と感じます。 そういう意味で、漫画は最強コンテンツの1つでしょう。しかし、漫画があることがSEO対策になるから導入を!となるのはちょっと待ってという感じですね。そもそもコンテンツマーケティングだから漫画ってのは安直じゃないかとも思います。

 

マンガがSEO対策になる!?良質なマンガコンテンツを作る3つのポイント|ferret [フェレット]

 

これを読んで思ったのですが、漫画で使うキーワードを結局はテキスト化させるわけで、つまるところ「キーワードの扱い方」として漫画が「コンテンツの種類」として秀でているだけという、キーワード重視という従来のSEOのセオリーにはかわりはなく、見せ方を変えただけですね。そう考えると、SEO、更に言えばGoogleの評価だけを考えれば何も漫画にする必要はないのではと思いました。キーワードが乗っていれば、絵はかかずに小説でもいいよねという事にもなりますね。漫画という「絵」が重要視されるコンテンツの良さと、SEOの強みが連動していない記事な気がしました。

もし漫画がSEOに秀でている!という事であるならばGoogleが画像認識でテキストを読み込み、更にAIでストーリー理解ができ、更にAIでWEBサイトオーナーのサービスとの関連性や、一定のレギュレーション下における適切な理解を促せるものであるという分析ができるのであればわかります。但し、それも「漫画がSEO対策に良い」ではなく、「漫画はSEO対策の邪魔をしない」という部分からのスタートでしょう。しかしそんなことができるよりも、映像コンテンツを入れた方が手間暇を考えると断然良さそうですが・・・。

 

もう1つ、漫画の立ち位置を間違えてはいけません。

漫画は次のアクションを呼び込むために使われるべきものです。深い理解をサポートし、購入や問い合わせの意欲を促す役割を持つべきコンテンツです。つまりSEOにとらわれすぎると、セリフやイラストに無理やりキーワードに関連するものが入りまくって、下心見え見えのいやらしいコンテンツになる可能性があるわけですね。そうすると購入者の購入意欲は「警戒心」に変わってしまい、次に繋がらない可能性も出てきます。海外向けであれば漫画は有効ではありますが、日本人はかなりコンテンツリテラシーが高く目が肥えています。駄作的な漫画を中途半端に出すことがかえって逆効果になることも忘れてはいけません。

 

初めてのおつかいじゃなく、ドメイン管理者の変更。

いつもは細かい手続きはスタッフにお願いしていたので、いざ自分でやるとなると手続きがわからなかったりする事ってありますよね。今回、ドメイン管理者を変更する必要があって自分でやろうとしたら、「よく考えたら、その手続きってやったことなかったな・・・」と思い、私のITメンターでもあるAさんに質問をして解決しました。とっても簡単でした。

今回、少し面倒だったのは海外のドメインだったので、最初は「お名前.com」で作っていたものを海外のエージェントに移す作業も必要であるという点がポイントでした。

 

現在の管理エージェト:お名前.com

新しい管理エージェント:海外ドメイン管理会社

 

まず、現在の管理エージェントからAuth codeを発行してもらい、海外ドメイン管理会社にそれを伝えて登録してもらう。

 

それで終わりでした。Orz

お前、、、、そんな当たり前のこと知っておけよ・・・って感じですね。

 

help.onamae.com

 

  

SNSマーケティングはその用途とリスクで使い分け。

様々なメーカーのFacebook、LINE、LINE@の運用をしていますが、SNSを使ったマーケティングは見えやすいパフォーマンスのおかげで企業側にも人気があります。

f:id:digitalmarketers:20171004115215j:plain

SNSの選択肢としては、Facebook、LINE系、InstagramTwitterYoutube、LinkedInが主流ですが、やはりFacebook、LINE系、TwitterInstagramの人気が高く、それらとの関連性という点でYoutubeが多様されている感じです。LinkedInは、コンサル系や人材系での運用が多いですが、それ以外の業界での運用率は低いと感じています。また、特徴的なのが1つだけを選ぶ「専用型」ではなく、2つのSNSを使う「併用型」が多いのも特徴です。

その中でもLINEはLINE@という低額パッケージでコストを抑えた運用ソリューションを提供しはじめてから、一気に企業側での運用が活発になりました。弊社クライアントでも運用が増えています。

LINEは確かに優秀なツールだと思います。LINEによってSMSのようなショートメッセージサービスは苦境に陥っているように、1対1でのダイレクトマーケティングにおいては、メール以上に強さを発揮しています。特に日本やタイなどのLINE普及国では。

しかし、LINEにも弱点があるなと感じています。

 

プッシュ型なので鬱陶しさを感じやすくブロックされやすい

 

LINEの強みとは何かを考えてみると、LINEの強みは無料電話やチャットによる「会話機能」です。LINEにおける生命線は相手との会話の実現であり、その為、LINEは連絡が確実に相手に届くというメリットを持っています。その一方で、そのメリットは最大のリスクにもなります。LINEにおいて、要件がある人からのチャットは受け取る側から見ても負担ではありませんが、広告というものは「興味がない」という状態であれば負担になります。未読の数字を消すために1度開かないといけないという工数があり、それが「めんどう」だと思う人が少なくないという現実もあります。しかし、LINEの場合は配信を行えば必ず登録者全員に記事が到達します。これは他のSNSと比べても突出したメリットです。

一方の他のSNS、例えばFacebookInstagramの場合、プッシュ的に情報を押し付けることはありません。それぞれのSNSにアクセスした時にタイムラインで見つかれば見ることができるという扱いのため、ユーザーにとっては負担は少ないですが、逆に「リーチ」と言われる配信実績数が落ちてしまいます。

 

LINEの強み

・確実に配信できる

・他人に見えない環境で1対1会話ができ商談に持ち込める

・幅広い世代でインストールされて利用されている

LINEの弱み/リスク

・広告予算に決して安くはない最低予算が設定されている。

・海外ではLINE Ad Platformが整備されてない国もある。

・ダイレクトマーケティングの究極系に近いのでブロックされやすい。

 

FB、Instagramの強み

・広告予算が低価格から実施でき、ページ登録者を増やしやすい

・情報収集ツールとしてのプラットフォームの認知を得ているので毎日

 見てもらいやすい

・タイムラインに自然にながれるのでいいね解除がされにくい。

FB、Instagramの弱み/リスク

・配信記事がいいね登録者全員に届くわけではない。

・プッシュ式ではないのでタイミングを逃すと閲覧してもらえない。

・他人に見えない直接的な対話がメッセンジャーという別アプリになる。

 

弊社で運用している/していない関係なく、多くの企業の活動を見る限り、LINEは「プライバシーに関わるもの」を、Facebookは「見た目に関わるもの」、Instagramは「リア充にするもの」という区分けをしていると、比較的効果が高めかなと考えています。

 

 

WEBデザインがおかしなことになってる場合。

デザインが上手なWEB、そうでないWEBと世の中には色々ありますが、「あー、これはいかんな」と思うWEBを持つ企業にヒアリングをしてみると共通している事がいくつかあります。今日はその共通していることの1つについてお話してみようと思います。

f:id:digitalmarketers:20171002021600j:plain

WEBデザインを依頼する時、紙デザイナーに頼むことがありませんか。ちゃんとWEBデザイナーに依頼をしていますか。WEBデザインの一丁目一番地のテーマは「誰に頼むか」です。ここを間違えるとWEBデザインは惨状を極め、コーデイング後の仕上がりがイメージ通りではなくクライアントからも文句を言われるケースがあります。

何が違うのか。これ、私も多数の紙デザイン案件を生涯でこなして来ているので両方の特性をよく理解しているので、決して紙デザイナーを批判しているわけではなく、そこを誤解してほしくないのですが、ユーザーの視点移動の話など色々ありますが、私が両者の間で1番大きな違いだと思うのが

WEBデザインは立体的思考、紙デザインは平面的思考 

という部分です。

WEBはトップページ、コンテンツページ、コンバージョンを目指した最終ページ(問い合わせ、購入ページなど)へと複数ページの連動を軸とし、イラストや写真、テキストだけではなく動画も使える立体的かつ動的なデザインで、いわば思考的3D設計が求められます。その一方で紙デザインはその1ページで勝負をする必要が多く、感性的2D設計が求められると思っています。紙デザインで求められる感性的な訴求はイメージがしやすいですが、WEBデザインで求められる思考的3D設計は、デザインを「機能」としてシビアに見る視点が必要になります。

 

この辺を理解している紙デザイナーであれば問題ないのですが、これが理解できていない紙デザイナーに、WEBデザインをお願いしますと、トップページが壮大なチラシと化します。全てのページに素晴らしいデザインを!と思うのはありがたいのですが、WEBのゴールを考えた時に、WEBデザインは紙デザインのアンチテーゼかよと思うほどに正反対のアプローチをすることがあり、それはWEBデザインを知らない紙デザイナーには理解が難しいことでもあります。

 

例えば、1店舗しかない個人経営のガソリンスタンドの場合。

WEBデザインを理解していない紙のデザイナーにWEBデザインをお願いすると、取り扱っているガソリンのPRと価格提示のデザインを懸命に行います。ガソリンスタンドの位置情報は恐らくその次の扱いになることでしょう。しかしWEBデザインの場合は、ページに到着した時に見える最初の画面(1st view)のどこかに確実にガソリンスタンドの場所がわかる情報を入れます。それがバナーなのか、マップなのか、タイトルにXX市といれるのか、色々考えることができるでしょうが、「ユーザーがなんのためにWEBでアクセスしてくるか」と考えた場合に、場所を知るためにユーザーがこのガソリンスタンドのWEBを検索しているケースが少なくありません。従ってアクセスしてきた人に即座に場所情報を教える事が優先されます。

 

必ずしも優秀なセンスのある紙デザイナー = 優秀なWEBデザイナーではない

 

そこを理解した上で、デザイナーの選択をしていくことをお勧めします。海外では日本人デザイナーがWEBデザインを兼務する事が多いのでこの見極めがしっかりとできていないと、依頼主が損をするケースが少なくありません。是非お気をつけて。  

 

 

 

自分ではしたくないけど知りたいこと。インスタのフォロワーを買う。

いつかテストしてみたいと思っていたけど、自分のインスタを壊したくないし・・・と、怖くてやれなかったことに手をだしてくれた勇者がいました。

【実験】インスタグラムのフォロワーをお金で買うとどうなるのか

ありがとう。

しかし時々、え?なんで?という感じで突然異国の地からフォローが来ることがある(異国にいるんだけどね)のですが、やっぱりこんな感じなのかな。

フォロワーを買うという事は、よほどコンテンツに自信がないと難しいですよね。もしくは世界中に友達を増やしまくりたいかなり意識高めの人々とかでないと。私にはできないなあ・・・。

 

ちょっと気になったのだけど、政治家がこれをやった場合どうなるのかな。政治資金収支報告書に「フォロワー購入」と書く必要があるのだろうかという興味と共に、支持者がどれだけ増えるのか、もっといえば「得票数が前回の選挙からどれだけあがったか」という分析に興味があります。比例区の議員あたりやりそうなメソッドですね。

LINE@のクリックカウントを分析する方法(の1つ)

LINE@を運用している管理人さんの悩みのタネが、LINE@(価格安い版)の解析機能のショボさじゃないでしょうか。クリックカウントすら取れない。友達になった数、ブロックした数しか理解できないのですよ。私もちょっと困っていて色々とやり方を考えていました。

1、UTMコードをURLの後ろにつけてGA(Google Analytics)でSocialからのアクセスをカウントする。でも全てのページにGAのTracking codeをいれないといけない。

2、リダイレクトさせる為の転送用Webページを作ってそこにGAコードを入れてアクセスをカウントする。でも毎回URLを作るためにページを作らないといけない。

 こんな感じ。きっともっと良い方法があるのだろうけど、この2つしか思い浮かばなくてどうしたものかな・・・と考えていたところうちのチームのデジタルマーケッター君(外国人・・・てか、私は海外勤務中)が、便利なWebを教えてくれました。

Bit.do URL Shortener - Shorten, customize and track your links

使ってみるとこれは便利!

クリックカウントだけを知りたければこれで十分じゃないか!!という機能です。試しに当ブログで試したところ、こんな感じで本当にカウントできました。(左がページトップ、右が解析ページ)

f:id:digitalmarketers:20170831190806p:plain

 

 これで悩み解消だ!と自分の部下に感謝の念を頂く今日この頃であります。 

f:id:digitalmarketers:20170831191333p:plain