読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G1ラボ - デジタルマーケティングを研究する為の備忘録

これからのデジタルマーケティングは技術と方法に加え、OfflineとOnline、HardwareとSoftware。6軸+αの時代を生きるデジタルマーケッター

海外SEOを考える上で大事な事

SEO キーワード検索

海外SEOの話をしていると、必ず聞かれるのは「優秀なキーワードのXX語がほしい」などのコメント。例えば「コーヒーショップ」という日本語をキーワードとしている場合、英語だと「Coffee shop」などとなります。ではCofee shopを使えばいいのか。確かに「使える」といえば使えます。しかし海外の人の検索方法を理解してみることも大事です。海外では「スターバックス」で検索する人もいます。

f:id:digitalmarketers:20170219154445p:plain

例えばコピー機を「ゼロックス」と呼ぶ日本人のおじさま達がかつては多かったように。例えば温水洗浄器付き便座をTOTO社の製品名である「ウォシュレット」と呼ぶ人が多いように。現地の人の生活においてその「モノ」がどのような親しまれ方をされているか、人との距離感などを考えてキーワードを考えるとより効果的です。